チーム愛をより強化するオリジナルTシャツ

Tシャツ

作る時に気を付けたいこと

ミシン

オーダーメイドパーカーは企業や業者によって作成できる生地やデザイン、プリントが異なるため様々なサイトを比較してみることが大切です。オーダーメイドパーカーは1枚だけ注文する際には価格の表記や印刷方法によって価格が跳ね上がってしまうため注意が必要です。

読んでみよう

作成前にやること

洋服

tシャツにプリントするなら適正価格のところにお願いしたいので、三から五社ほどの料金をチェックしておきましょう。カラーや早仕上げなどでも違いが出るので注意が必要です。プリントのやり方やtシャツの素材、デザイナーさんがいるのかもチェックしておくと良いでしょう。

読んでみよう

Tシャツを制作業者を使う

婦人

tシャツ作成の納期を調整できるお店の場合はわざと遅らせることで値段を安くできるメリットがあります。利用する際は普通のシルクスクリーン以外に特殊なプリントも扱っているのです。メタリックプリントやエアブラシが用意されています。

読んでみよう

記念Tシャツを作る

男の人

さまざまなシーンで活躍

オリジナルTシャツといえば、以前から大学生などのサークルが統一されたチームカラーやロゴマークをあしらったTシャツを作り、練習や大会の際に着用してメンバーの一体感を強めるなどの形で利用されていました。しかし最近では、そのニーズはさらに拡大しています。学校関係で言えば、需要は大学から高校・中学へと広がっており、部活動はもとより、文化祭などの折りにクラスでオリジナルTシャツを着用している姿も見かけます。また社会人の間でも、地域や企業の同好会、お祭りの時の町内会といった単位で製作する例が見受けられます。さらには商業利用も増えています。オープン記念や見本市等でのノベルティグッズとして配布すれば、お店や企業のまたとない宣伝となります。

安く気軽に作れる

こうしてオリジナルTシャツが人気を呼んでいる背景には、製作単価が下がってきているという事実を挙げることができます。かつてのオリジナルTシャツ製作では、デザインの原画をもとに印刷用の版下を作り、それを使って1枚ずつ絵柄をプリントしていました。しかし現在では、コンピュータ上のデータを直接出力できるデジタルプリンターの普及により、製版作業のコストが不要になっているのです。そのため、作業費はもちろん、1枚当たりの単価も割安になり、小ロットでの製作も気軽にできるようになっています。さらに、多くのオリジナルTシャツ製作業者は、インターネットのホームページ上で注文を受け付けています。店舗を持たず、デザイン画の受け渡しもデータファイルのやり取りだけで行えるため、製作コストはさらに下がっています。